渋沢逸品館 渋沢逸品館

深谷の風土食「深谷野菜の漬物」

渋沢栄一の出身地、埼玉深谷と深谷ブランド「深谷ねぎ」

渋沢栄一の出身地深谷の特産品のひとつに「深谷ねぎ」、その他新鮮な野菜がある。深谷ねぎといえば、甘くてしっかりとした太さがあり、ずっしりと重く表面が滑らか。白と緑の境がしっかりとしている。ねぎの王様ブランドだ。

 

深谷ブランド「深谷ねぎ」

ねぎは中国西部地域が原産とされているが、日本では奈良時代以前から栽培され、「日本書紀」にも記載がある歴史のある野菜だ。江戸時代中期には既に全国各地で気候風土にあったねぎが栽培されていたそうだ。
ねぎは大別すると緑の葉の部分を食べる葉ねぎと、主に白い部分を食べる白ねぎの2種類がある。関西では葉ねぎが主流だが、関東では主に白ねぎを栽培してきた。

白ねぎは根元の土を何度も高く寄せる、土寄せという作業を行うことで光を遮断し、ねぎの軟白部分が長くなるように栽培していく。関西は土壌が浅いため葉ねぎの栽培に、関東では土層が深くやわらいため、白ねぎの栽培に適していたといわれる。

埼玉県の深谷では、明治初期、藍の値が暴落したことをきっかけにねぎの本格栽培が始まったそうだ。

かつての利根川流域の土壌は、度重なる氾濫により粘度が高く、硬い沃土が広がり、水はけもよかったこともあり、ねぎの栽培には最適だったと言われ、今では、ねぎの一大ブランドとなった。

 

新鮮野菜を漬物に!

深谷は、農業王国といわれるほど、新鮮な野菜がたくさん採れる。季節に合わせて、とうもろこし、ブロッコリー、ねぎ、など、旬な時期に食べたい!

その昔、漬物は、旅や戦さにでるときの常備品として重宝された。発酵食品として保存期間もあり、新鮮な野菜もさることながら、漬物にすることで絶品な食品として生まれ変わっていったのである。

こと、古くから深谷で営んでいるマルツ食品は、通常市場に並ばない規格外の形の野菜でも新鮮な美味しい野菜には変わりないので、そのようなものは全て漬物にしていこうという、もったいない精神を貫き通している素晴らしい企業だ。更に、調味素材にもこだわりがあり、添加物は基本必要な物以外は一切使わないという自然で昔ながらの製法を守りつつ、斬新なアイデアで、「漬物にできないものはない!」と日々新たな食材で開発を続けている。

 

鶴亀の寿 ねぎの漬物シリーズ

鶴亀の寿。漬物ほど日本の伝統発酵食として長寿健康食品は見当たらない。

先人の知恵というか、その昔は冷蔵庫もなく野菜を保存食として発酵させたのが漬物。

渋沢栄一が当時にして91歳まで元気でいれたのも食を大事にしていたからだ。

深谷ブランドの中でも極上の極太ねぎの一本漬。これを一本で漬け込むには匠の技がいる。

ねぎのなかのぬたが美味だ!

 

鶴亀の寿 極太深谷ねぎの梅肉鰹だし漬

■梅鰹出汁ベース

収穫時期限定(12月~3月)、深谷市利根川流域限定の甘くて柔らかい深谷ねぎを一本そのまま特殊処理を行い、紀州産梅肉をベースの調味床に漬け込み熟成させた。

野菜色素で着色しほんのりピンクに。
シャキシャキとした食感と梅と鰹、しその香りが豊か。

そのままでも、調理してみてもアレンジ次第だ。

 

鶴亀の寿 極太深谷ねぎの麦みそ一本漬

■麦みそベース
使用している味噌は、滋味豊かな秩父の新井武平商店の秘伝の味噌!
秩父の水と大地で丁寧に作られた秘伝味噌で味わうことのできない風味豊かな漬物として至福のひとときが楽しめます。
漬けだれの麦味噌は甘くて最高!

深谷市利根川流域限定の甘くて柔らかい深谷ねぎと埼玉県産麦味噌のハーモニーは絶品の極み。添加物は一切使用していない。

 

鶴亀の寿 極太深谷ねぎの弓削多醤油漬

■醤油ベース
埼玉の老舗「弓削多醤油」は日本で初めて生醤油を開発したところ。
素材や製法にこだわり丁寧な深みとまろやかさのある醤油を使い、更に隠し味として日本酒を使用し、ネギの旨味を引き出している。深谷産の厳選した長ネギを1本そのまま醤油漬にされている。隠し味に日本酒を使用し、ネギの旨味を引き出している。添加物は一切使用していない。

 

 

鶴亀の寿 極太深谷ねぎの一本漬 3種セット

がんこおやじのならづけ

奈良漬は、季節問わずに食べられる野菜漬として栽培技術や冷蔵設備が未発達な時代に重要視された長期保存食品。

 

深谷市産の肉厚な白うりを生の状態から酒粕と塩で漬け込み、何度も漬け替えすることにより旨味を十分に引き出し、更に三温糖と沖縄産の黒糖で仕上げた。ひとくち食べると今まで食べたことのないならづけと衝撃をうける。がんこおやじのならづけは、肉厚な瓜の熟した柔らかさに、まるでラム酒で漬け込んだデザートのような感覚をうけることだろう。黒糖のコクがすごい。添加物は一切使用していない。

 

がんこおやじのならづけ ハーフ

もはや塩分たっぷりの漬物ではなく、ひとつの副菜としてご飯のお供にいける、新感覚の発酵食品!

漬物の高塩食品のイメージを払拭!
低塩処理や加熱殺菌でヘルシーな発酵食品へ!

日本古来の発酵食品、植物性乳酸菌たっぷりの【漬物】で、毎日の健康に役立ててみてはいかが?

 

深谷ねぎの漬物なら渋沢逸品館

渋沢栄一のルーツを感じる関連商品販売 | 渋沢逸品館

渋沢逸品館 渋沢逸品館

渋沢逸品館では、日本資本主義の父と言われ、日本近代文化の礎を築いた渋沢栄一に関わるこだわりの品々を販売しております。渋沢翁の原点である藍染めを始めとし、藍に関連した商品や、関連企業やゆかりの地にまつわる歴史や文化を感じる商品を多数販売しており、知る人ぞ知る銘品をお探しいただけます。

屋号 株式会社旺栄
住所 〒114-0022
東京都北区王子本町1-4-13加藤ビル1階
営業時間 10:00~16:00
定休日 土日祝
サイト運営責任者 鈴木 知子
E-mail info@shibusawa-world.net

コメントは受け付けていません。

特集

運営:株式会社旺栄

(学校法人中央工学校グループ)

〒114-0022 東京都北区王子本町1-4-13 

 https://www.ouei.com

株式会社旺栄 プライバシーポリシー